【体験談】NFTでイラスト出品『翌日売れました!』コツを解説

NFTイラスト
スポンサーリンク


kおっと
kおっと

ニュースやSNSで話題の「NFT」でイラストを売ってみたいけどどうやって売るのかな?
周りにNFTをやってる人がいないからよく分からないんだけど・・・



情報が少なくてなかなか一歩が踏み出せない領域だよね。
NFTでイラストを出品して5作品が翌日迄には全て売れた経験をもとにNFTでのイラストの出品の感想を記事にしました。

そんなに簡単では無かった感想や失敗談も載せています。

kつま
kつま



記事を読むのが面倒な方はyoutubeでも解説しています!
ラジオ感覚でお楽しみ下さい。⇩

スポンサーリンク

NFTとは?(ココナラやSKIMAと違うの?)


そもそもNFTって何だろう?
ココナラでイラストを売るのとは違うの?




デジタルイラストは誰でもコピーができるけどNFTではブロックチェーンの技術を使って画像や音声データーを暗号化する事で唯一無二の物に!!
ノン ファンジブル トークン (non-fungible-token)
non-fungible=代替え不可能な Token=しるし
つまり『唯一無二』という意味になるそうです。

kつま
kつま



「ココナラ」や「SKIMA」では依頼されたイラストを描くのに対して(SKIMAの「キャラ販売」は完成品を販売していますが)描いたイラストをNFTの出品サイトで売り、売買は日本円では無く仮想通貨を使用します。


kおっと
kおっと

日本円じゃないなら難しそう・・・



難しそうでまだ参入者が少ないからこそ今がチャンス!

イギリスのコリンズ英語辞典が2021年「今年の10ワード」の1位に選んだのが「NFT」なので数年後には日本でも流行するかも!
youtube・twitter・Instagramも今じゃ日本で普通でしょ?

kつま
kつま

>>>イギリス・コリンズ英語辞典「今年の10ワード」


小学3年生の夏休みの自由研究が380万の価値がついた事でもNFTは日本国内でも話題になりました。
>>>【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか


kおっと
kおっと

すごいね!! 興味出てきたよ!
ところでどんな人がNFTアートを買ってるの?



買い専門のコレクターもいるけど自分もアートを出品していて「買う方もやってみたい」という人も多数。

kつま
kつま



まずNFTに参入する前にチェックしたいのが購入してくれる人は「どんなアート」「どれくらいの価格」で買っているのかという事です。

あまり高すぎる価格で出品すると失敗してしまいます。

私は最初のコレクションは価格を高く設定して失敗し すぐに削除しました。


スポンサーリンク

NFTアート購入者をチェック


私が最初にやらずに失敗したのは購入者の人はどんなコレクションが欲しいと思っているのか?そしてどのくらいの価格を購入しているのか?という事を調べずに出品したことです。

kつま
kつま




これを読んでいる皆さんはNFT購入者のTwitter等フォローしてツイートをチェックしてどんな作品をお迎えしているか学んでからの参入をお勧めします。
※購入されることをNFT界では「お迎えされる」と表現しています。


誰でもいいからNFT購入者をフォローするより、私のイラスト(5千円以上のNFTアート)購入者さんをチェックする事をお勧めします。

作品を気に入ってくれればお迎えしてくれる方達をご紹介します。

fukano さん



私の作品を最初にお迎えしてくれた「fukano/RISA CEO」さん
OpenSeaで「CryptoRISA」というコレクションも作成されています。


fukano/RISA CEO」さんはメタバースオフィス「RISA」を提供する株式会社OPSIONのCEOさんです。

RISA
kおっと
kおっと

「仕事をゲーム化」って楽しそう!そいう会社で働きたいな~。



くりくり目のキャラクター達が動いていてとってもかわいいです!興味がある方は下記ホームページへ

>>>RISAの公式ホームページはこちら



fukanoさんとのやり取りは『「体験談」NFTアートが翌日売れた』に書いてます。

うな🌟仮想通貨ブログ さん


私の作品2つ目をお迎えしてくれたのは「うな🌟仮想通貨ブログ」さんです!

うなtwitter

うなさんは一気に2つのNFTアートを購入されていました!!(上記のfukanoさんも複数個購入されていました)


しかも「うな🌟仮想通貨ブログ」さんはブログ歴5年の仮想通貨特化ブログ運営もされている雲の上の様な人!

※ほとんどの人が半年以内にワードプレスでのブログをやめていく中で5年も継続できるのは並大抵の事ではありません!しかも若い!!!


うなさんの「ウナログ」は仮想通貨投資について書かれています。NFTアートに参入するなら仮想通貨を扱うのは必須なのでまずはうなさんのブログで勉強する事をお勧めします!



⇩うなさんの「ウナログ」はこちら(画像をクリックすると「ウナログ」へ移動できます)

うなさん


うなさんにどうやってNFTアートをお迎えしていただいた経緯は『「体験談」NFTアートが翌日売れた』に書いています。

NFT Art Studio さん




3番目に作品をお迎えしてくれたのは「NFT Art Studio」さん!
Twitterを2022年3月に始めたばかりで170名を超えるフォロワーさんがいらっしゃいます(現在2022年3月末)

NFT Art Studio



2019年にNFTアートに特化したアートスタジオを東京で設立されています!
『才能ある有望なアーティストの作品を発掘し・投資し・プロモーションをしてます。』と「NFT Art Studio」さんのInstagramに記載されています。

>>>NFT Art StudioさんのInstagramはこちら




NFT Art Studio さんのOpenSeaには沢山の購入されたNFT作品が並んでいます!!

>>>NFT Art StudioさんのOpenSeaはこちら



NFT Art StudioさんはAIで生成したCGアートもOpenSeaで出品されています。綺麗な音楽も楽しめます!ぜひご覧になってください。
>>>Crypto Colors Collection by K さんのOpenSeaはこちら

Crypto Colors Collection



NFT Art Studioさん にどうやってNFTアートをお迎えしていただいた経緯は『「体験談」NFTアートが翌日売れた』に書いています。


はる|NFTCollector! さん


5作品目をお迎えしてくれた はる|NFTCollector! さん

なんとはるさんのOpenSeaにはコレクション作品が50以上も並んでいます


コレクターの方がどんな作品をお迎えしてるか勉強になるのでぜひ見てください!
>>>はるさんのOpenSea


はるさんはビジネス系のブログも書いています!NFTアーティスト50名にインタビューした記事など出品者は一読したいですね!

>>>はるのビジネス向上ブログはこちら

はるのビジネス向上ブログ


⇩特にはるさんのツイートがNFTアートを売る側にとって有益な事ばかりツイートしているのでチェックです!

kつま
kつま


はる|NFTCollector! さんにどうやってNFTアートをお迎えしていただいた経緯はすぐ下の『「体験談」NFTアートが翌日売れた』に書いています。


スポンサーリンク

【体験談】NFTアートが翌日売れた


kおっと
kおっと

NFTアートってイラストを出品したら何もしなくても売れるの?


これは宣伝して沢山の人に認知してもらわないと売れないみたい。
中にはそれ程宣伝しなくても高値で売れた人もいるけどそれは珍しいケースかも・・・。

kつま
kつま




私が1作品目を出品して宣伝した場所
  • 海外の「Drop your NFT」のツイートに英文でコレクションを6人に宣伝。
  • 翌日日本の「NFT買います」企画6人に宣伝。


これで1番目の作品は「fukano/RISA CEO」さんがお迎えしてくれました。

初めて売れると嬉しくて嬉しくて「本当?本当に売れたの?やったー!」っと興奮してなかなか眠れませんでした。

kつま
kつま



私がイラストを売った値段は「0.015ETH」その時の日本円で約4,500円くらいです。購入者はガス代(手数料)をプラスして購入してくれているので実際はもっと高く買ってくれています。


ちなみに「NFT買います」企画はフォロワーを増やす事だけを目的に実際は買っていない人もいます。「購入しました、本人にDMします。」とアートを公開していない人は購入していない事も・・・。


私が2作品目を出品して宣伝した場所

  • 海外と日本の「NFT買います」企画にミント(展示)の日17件宣伝。
  • 日本の「NFT買います」企画に12件宣伝。



2つ目の作品を購入してくれた「うな🌟仮想通貨ブログ」さんもTwitterで「#NFT買います」企画をされていてお迎えしてくれました!(こちらもリスト(出品)した翌日にお迎え(購入)されました)

その時のツイートが⇩こちらです。


⇩お迎えされたのはこちらの作品です。

>>>2つ目お迎えされたOpenSeaの作品

⇩Twitterでの宣伝はこんな感じです。価格は1作品目と同じく0.015ETHです。当時日本円で6,100円位です。(イーサリアムの価値が変動するので日本円に換算すると同じ0.015ETHでも変わってきます)


順調に2作品目も翌日に売れたの?っとお思いかもしれませんが・・・この作品実は3作品目なのです💦

2作品目は3週間ほど毎日Twitterの「#NFT買います」企画や海外の「Dorp your nft」に宣伝していました!


はっきり言って毎日自分のイラストを「ご検討下さい(買ってください)」と一日10回以上ツイートするのは恥ずかしいです!
お迎えされないと何がいけないのかな?「イラストのクオリティ?」「価格?」「認知度?」っとどんどん暗くなってしまいます。

中には「買います企画に宣伝する様な人は魅力が無く感じるから絶対そういう人からは購入しない!」っという意見も見ました。

でも宣伝しないと誰にも見てもらえないし・・・認知もされない・・・。
ぐるぐる考えてしまいますがここは多くの方が同じ悩みを抱えていると思って開き直りました。

kつま
kつま


私が3作品目を出品して宣伝した場所

  • 日本の「#NFT買います」企画10件に宣伝。


3番目にお迎えされた作品は実は3週間売れなかった2作品目を描き直して出品(リスト)した作品です。

⇩その時の「NFT Art Studio」さんのツイートがこちら。

価格は上記の2つと同じ「0.015ETH」当日の相場で6,100円くらいです。購入者さんは皆さんこの価格にガス代(手数料)を追加して払っているので1万くらいになっていると思います💦

上記の買います企画に「SNSで人間性も判断します」っと書かれていますね。ここがココナラ等とNFTアートが違う大きな点だと思います。
意外とSNS運用が大事になってきます。

kつま
kつま



その後4作品目をお迎えされた時は


私が4作品目を出品して宣伝した場所

  • ミント時(展示)に「#NFT買います」の日本人26名に宣伝。
  • リスト(出品)する日に「#NFT買います」の日本人に23名に宣伝。


段々羞恥心がなくなってきて「よろしくお願いします~」と宣伝してまわりました。

⇩その時のTwitterの固定がこちらです。


コレクターの方に直接「いかがですか?」とリプを送りました。

意外と「検討しますね。」と良いお返事がもらえました。
そして4作品目は出品して20分後にお迎えされました!
こちらは0.02ETHで売れました。(当日の日本円で8,000円くらいです。)
羞恥心を無くしてガンガン売り込んだおかげだと思います。

kつま
kつま



私が5作品目を宣伝した場所

  • ミント時(展示)【#NFT買います企画へ宣伝】海外の人7人・日本人17人【計24人】
  • リスト前(出品日の午前中)【#NFT買います企画へ宣伝】海外の人2人・日本人25人【計27人】


5作品目になると宣伝するのが恥ずかしいという気持ちは無くなって
今が自分の名前を売る絶好のチャンスだ!と思うようになりました。
Twitterのフォロワーも宣伝すると増えていきます。

kつま
kつま


5作品目は はる|NFTCollector! さんの買います企画のツイートにこの様に宣伝しました。


宣伝した数時間後にはるさんから「0.05ET」でオファーを頂きお迎えされました!

kつま
kつま


日本円でこの時18,000円くらいになります。ドンドン価格が上がってきました!

宣伝を沢山したおかげで他にも「次買いたいです」というお話も頂けるようになりました。

NFTアートを売りやすくする工夫


色々調べたらNFTアートを売りやすくする他のテクニックもあるようです。

kつま
kつま


  • Twitter(自己紹介・固定ツイート)でOpenSeaの宣伝。
  • Twitterのスペースで宣伝。
  • 作品はアイコンに使いやすい正方形。
  • コレクションは統一性あるものに。
  • イラストは女性を描いた方がいい。



Twitter(自己紹介・固定ツイート)でOpenSeaの宣伝



ブログやInstagramをやっているとリットリンク等の沢山のURL紹介ができるリンクを貼りたくなりますが探しやすい様にOpenSeaのカテゴリーの直リンクを貼りましょう。
プロフィールだけでは文字数が足りなくなるので固定ツイートもプラスしてOpenSeaの宣伝をしましょう。


⇩ちなみにこれが私の固定ツイートでした。オープンシーのURLをクリックするとすぐに作品が見れます。
特典も付けるとお迎えされやすいかも!!!

※ちなみに私が3週間宣伝して売れなかった作品が⇑背景が赤い黒髪ロングの女子のイラストです💦
これをほぼ全部描き直して茶色いボブの髪型の女の子に変身させて当日にお迎えされました。

購入者がOpenSeaの作品を探しやすいようにしましょう!

kつま
kつま




Twitterのスペースで宣伝



Twitterでは「スペース」という参加型ラジオ放送?のような機能があります。

毎日の様に色々なNFT関係の方がスペースをやっているので「リクエスト」して自分の作品を紹介してみましょう!

本当は「スペース」で宣伝した方が売れやすいです!でも私は恥ずかしいので聞いているだけで参加して話した事はありません。

最近では宣伝する人も増えているので自分がホストになって開催する方が売れやすくなると思います!


作品はアイコンに使いやすい正方形



OpenSeaで購入したアートはTwitter等のアイコンに使用できる正方形サイズの方が売れやすいようです。

時々「SNSアイコン用アートを探してます」というはっきりした指定の「NFT買います企画」もあります。

kつま
kつま

できれば正方形サイズで作品を出品してみましょう!



コレクションは統一性あるものに



これは最初私が失敗した事ですが・・・。

⇩このようにキャラもポーズもバラバラにしてしまうと誰の作品か分かりづらいので買われにくいです。しかもいきなり高額で売ってしまったのでコレクションを削除しました。なんと5万円位で売ってみました。そんなの誰も買いません( ノД`)シクシク…。
(でも海外の女性から沢山お褒めの言葉とフォローを頂けたのでまぁ良しとしました。)

NFTイラスト



私の様なイラストより⇩クリプトパンクスさんの様なアートの方が売れているので普段イラストを描いたことが無い人でも参入できる分野だと思います。(ドット絵もいいですね。実は私もやってみたいと思ってます!)

クリプトパンクス
出典:CryptoPunks公式サイト


イラストは女性を描いた方がいい


最近購入者さんを見ていて思ったのですが・・・

NFTアートを買う人は男性が多いのです!仮想通貨はリスクが伴うので女性の参入者は少ないようです。
なので男性が購入している作品はかわいいor色っぽい女性のイラストが多いです。
もしこれからコレクションを作成するなら女性のコレクションの方が高く売れるかもしれません。


スポンサーリンク

NFTでイラストを売ってみた~まとめ~


kおっと
kおっと

つまりNFTアートを売るためにする事は・・・



①NFTアート購入者をチェックして「どんなイラスト」「価格」が選ばれているか調べる。
②Twitterでの宣伝&認知が大事。
③twitterのスペースに参加。できればホストになろう!
④作品は正方形で。
⑤統一性のある作品。
⑥女性のイラストの方が売れやすい。
⑦あとは「続ける」という事。

kつま
kつま


購入者が一番嫌がる事は「コレクションを育てる事をやめてしまう事」。
それは「死に絵」を購入したことになるので二次流通(再出品の事)しても売れる可能性は低くなってしまいます。

NFTアートを購入してくれる方は「所持する事」が目的ではなくて高値で売って差額を期待して「投資」として購入する場合が多数です。
※再出品が売れた時には作者にも報酬が数%入ります。


あまり焦って進めなくても続ける事が大切。NFT界は始まったばかりなので焦りは禁物。長い目で見ましょう。


kおっと
kおっと

イラストを描いた事が無くても参入できる分野ならやってみようかな。



最近はボクセルアートの本も出ているので本の通りにやれば誰でも自分の作品が作れます。

kつま
kつま



少し難易度高めの方が達成した時の感動が大きいので、まだ日本で始まったばかりのNFT界ですが、売り方や買い方等経験しておくとその知識を売る事もできます。


kさんち夫婦
kさんち夫婦

新しい分野は積極的に参入して経験を得てみてはいかがでしょうか?
何もしない自分と行動した自分では5年後10年後に差が出ると思いませんか?



私がどんな機器でイラストを描いて、数か月前のイラストレベルを見たい方はこちらの記事をどうぞ!かなり下手です(笑)
>>>タブレット(ipad)で絵を描くデメリット【3つ】

タイトルとURLをコピーしました